トップページへ
【企業倫理】
小事業所でさえも法の基で営む事業である限り、小さくともその社会責任はあるものと理解し、オリジナルな
企業倫理観において「環境」と「個人情報」へ以下の対策を具体的に講じ、人権については基本方針を定めています。
 
 【環境配慮への対策】
   
弊社では誠に微力ではありますが、一小規模事業所ができうる環境への配慮として以下の対策を施し、社内において定期的な見直しを行っています。
1、 印刷物における大豆油インキの使用
米大豆油協会への申請、大豆油インキマークの使用許諾を得、使用の推進をPRしています。
2、 印刷物における再生紙又は非木材紙、間伐紙など環境対応紙の使用
3、 印刷工程における廃棄物「余り紙」のリデュース
廃棄物である余り紙を地元地域の幼児教育施設へ毎月2回抽選で付与しています。
4、 消費電力の軽減
5、 提携物流会社との環境負荷低減対策
車輌の仕様やその運用など、提携物流会社と環境負荷低減策を講じています。
 
 【個人情報漏洩への対策】
   
個人情報の取り扱いが比較的多い弊社では、その漏洩を防ぐために以下の対策を施しています。
1、 社内共有サーバにおけるアクセス制限
社内共有サーバ内においても、個人情報のフォルダのみは特定の社員だけがアクセス可能なようにシステムに
制限をかけています。
2、 社外持ち出しの禁止徹底
代表者を含む全社員が誓約書を提出するなど、個人情報の持ち出しを徹底して禁止しています。
3、 ジョブチケットによる商品毎の個人情報有無の管理
商品の受注毎に発行するジョブチケットに個人情報の欄を設け、その有無を一元管理しています。
4、 個人情報ミーティングの開催
漏えい事故による顧客と自社のリスクについて、事例を基にしたミーティングを定期的に行っています。
 
 【人権について】
   
求人、雇用、昇給など、あらゆる局面において、応募者や社員を、人種、宗教、肌の色、出身国、年齢、性別、障がい、及びその他、弊社のビジネスにおいて正当な利益と関連の無い要素によって差別しないことを基本方針としています。
 

  TOPへ戻る